医療器具

歯を白くするなら歯医者さんでホワイトニングをしよう

被せ物の素材

医者

虫歯の治療をしたことのあるという人は少なくありません。日本人の成人のうち多くが一度は虫歯や歯周病にかかっており、その治療をするために亀戸や家の近くの歯科へ足を運んでいるのです。もしも、虫歯が表面的な部分だけで起こっている初期のものならフッ素の塗布やブラッシング、スケーリングなどで治療をするでしょう。しかし、穴が更に深くなっている場合は、それだけでは治すことができず歯を削ることになるでしょう。そして削った歯は自分で再生することができないので詰め物や被せ物をしてフタをするのです。このときに保険の範囲内で治療をする人は銀歯や金属の詰め物を使うことになるでしょう。

虫歯治療で銀歯や金属の詰物をした人のなかには数年後に虫歯を再発してしまうという人がいます。なぜ再発するのかというと、銀歯や金属の詰め物は長い間使うことで劣化し、歯との間に隙間ができてしまうからです。そうなるとそこに食べカスが溜まりやすくなり細菌が住みついて再発を招いてしまうでしょう。このような事態を防ぐ一つの手段として亀戸にある多くの歯科はセラミックスを用いた被せ物や詰め物を用意しています。これらのものは保険の適用外になってしまいますが、健康をまもるためだけでなく審美的にもすぐれているのです。亀戸の歯科で虫歯治療のときにセラミックス素材の使用をお願いすると、歯と同じような白いセラミックスを入れることができます。その白さは天然の歯ととても似ていて、硬さも金属と同じくらいの強度があるのです。しかも、金属ではないのでアレルギーを引き起こす心配もありません。銀歯に不満がある人は、白くて強いだけでなく体に優しいセラミックスで被せ物をしてくれる亀戸の歯科を探しましょう。