医療器具

歯を白くするなら歯医者さんでホワイトニングをしよう

人工歯を入れよう

歯医者

乳歯が抜けて前歯がなくなったときに不格好だと感じた人は多いでしょう。乳歯なら次に永久歯が生えてくるのでそれを待てばまた歯が生えそろいますが、永久歯が抜けてしまうと新しい歯は生えてきません。事故や病気、思わぬことで永久歯を失ってしまった場合は、どうしたらいいのでしょうか。なかには見た目を気にせずに放っておくという人もいるでしょう。しかし、そのままにしていると周りの歯が傾いて噛み合わせに悪影響を与えることがあるのです。噛み合わせが悪くなると歯だけでなく全身の健康や体の歪みにも影響が出てしまうでしょう。それを防ぐためにも歯の抜けた部分にはなるべく人工歯を装着するようにしましょう。

人工歯を装着するために千葉の歯科ではいくつかの方法を選択することができます。例えば、保険の範囲内で入れ歯やブリッジを作ることができるでしょう。入れ歯やブリッジは周りの歯や歯茎を支えにして人工歯を固定する方法です。しかし、これではしっかり固定することができず、噛むときに歯茎や支えの歯を傷つけてしまうのです。また、ブリッジの場合は両隣の歯を削って装着するので健康な歯をわざわざ傷つけてしまうことになるでしょう。これらの方法が嫌だという場合には千葉でインプラント治療を行なっているところを探しましょう。インプラント治療というのは、インプラントという装置を歯茎から顎の骨に埋め込みそれを人工歯の土台にするという方法です。周りの歯に頼らず人工歯を取り付けることができ、また埋め込んでいるのでしっかりと固定され力を入れて噛んでも平気なのです。千葉の歯科ではチタン製のインプラントを使っているというところがほとんどです。チタンというのは金属ですがアレルギーを引き起こす可能性が低く、歯茎や骨と馴染みやすいという特徴があるのです。それでもアレルギーが起こる場合はジルコニアやセラミックス製の非金属製を使ったインプラントを用意している千葉の歯科を探しましょう。